So-net無料ブログ作成
『ストライクウィッチーズ 軌跡の輪舞曲 Blitz』 ブレイヴガールレイヴンズ R
創作コラム ブログトップ

SS『回転寿司のネタを一皿だけ選ぶという覚悟! そして、その一枚だけで会計を済ませる勇気だ!』 [創作コラム]

六畳一間のアパートに暮らす謎の五人組はいつも貧乏暮らし。

今日も食費を切り詰めての貧乏生活。

そんな彼らだって、たまには贅沢をしたい。

だって、人間だもの!


そんなショートストーリーです。

【本文を読む】


[コラム]『日本史における『男の娘』の系譜』『天を睨んで星を射る!』-第3回- [創作コラム]

さて、yuukiとしては久しぶりな超珍しいクソ真面目なコラム『天を睨んで星を射る!』の第3回です。

今回のお題は『男の娘』
様々なメディアでいろいろな作品展開が行われていますが、この『男の娘』がなぜ生まれて現在市民権を獲得しつつあるのか?
なぜこの要素がかくもメディアとして成り立ち受け入れられているのかを、その歴史を紐解きつつ、様々な考察を交えながら書き綴ってみます。

興味在る方はお付き合いを。





プラナス・ガール(5) (ガンガンコミックスJOKER)

プラナス・ガール(5) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: 松本トモキ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2012/05/22
  • メディア: コミック



スーパー男の娘タイム、はじまるよっ★ (マジキューコミックス)

スーパー男の娘タイム、はじまるよっ★ (マジキューコミックス)

  • 作者: マジキューコミックス編集部
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/08/25
  • メディア: コミック



オトコの娘コミックアンソロジー~天真爛漫編~ (ミリオンコミックス おと★娘シリーズ8)

オトコの娘コミックアンソロジー~天真爛漫編~ (ミリオンコミックス おと★娘シリーズ8)

  • 作者: アンソロジー
  • 出版社/メーカー: ミリオン出版
  • 発売日: 2012/05/14
  • メディア: コミック



わぁい! 2012年 07月号 [雑誌]

わぁい! 2012年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 雑誌








続きを読む


短編『編集さんと作家さん』 [創作コラム]



作品を作っていく上で、編集と作家は二人三脚でいろいろな障害を乗り越えたりなかったりする、そんな非日常的日常を描いたりしてみた。

言っておくがこれはあくまでもフィクションである。
誰がなんと言おうとフィクションである。
てゆーかフィクション以外の何物でもない。
ただ、編集さん、作家さんの間でのあるあるだったらイヤだなぁ、的な、そんなショートショート。

萌えコラボのアイテムがいつもいつもすごいと思って見ているけども萌え酒の展開は異常だった! [創作コラム]

実は世界は滅びへと向かっているんじゃなくって、再生へと加速しているのである。

だから今、世界が改変されるためにいろいろな物が破滅したり破綻したり、終末の様相を為しているのであるが、すべて再生の為に必要なことなのである。

とか電波なことを言ってみたりするyuukiです!


いやぁー、日本はじまったな!的な展開を見せる萌えとのコラボアイテムなんやけど、ここに来て楽天で萌え酒がどんくらいあるんか検索してみた!

ほんならもう出てくるわ、でてくるわ! ツィッターでいちいちツッコんでもーて大変やったわ!


ネコミミ巫女……安直なキャラ記号取って付けたような、ってゆーか完全に取って付けてるよね!


これのキャッチがすごい!
『あなた好みのドキドキ25°』
芋焼酎はほとんど25°やけどな!
『いっしょに飲んであげよっか!
飲まなくてもいいのよ
買ってくれたら…。』
なかなか酷い女である。w
それでいて『あなたにひとめぼれ』ってタイトルやねんから、なかなかに狡い女だわな!www
『はじめまして、みやこです。
私、すごく人見知りなの。
だから、用が無いなら
話しかけないで…。でも、
いっしょに飲んでくれるんだったら
少しは話してあげてもいいかな。』
すげー! すげーよみやこちゃん!
なんだよこのうすっぺらんなツンデレ! 
で以下、なんかいろいろシリーズで出てる!


そして沖縄の銘酒、泡盛すらもこの萌え展開に乗っかってきた!


その名も『あわもえ』!!!!
いや、一瞬誰もが考えつくネタやけど、ほとんどに人が「ねーわ、やっぱねーわ」って言って朽ち果てていくようなネーミングで勝負来たコレ!

そしてシリーズ続投最多の「とむりえ」シリーズ!




このとむりえシリーズ、酒だけじゃなくって他の商品展開もすごい!

酒マスが出てる!
しかも……。

ドラマCDまで出ている!!!
マジですか!
しかも出演声優さん田中理恵さん、名塚佳織さん、近藤佳奈子さん、酒井香奈子さん、水野なみさん、池澤春菜さんとなんか豪華! どんだけ金かけとんねん!っっw 

萌え萌え2次大戦と銘打っているけど一次は?www
もしかして『二次元』と掛けているのか?
あと依澄れいさんがキャラ描いてる!

さらにはアニメ『あの花』もコラボ!
登場人物未成年やんけ!www

さらには蒼樹うめさんのウメ酒!うめさんが描いているからこれでいーのだ!



な? 変なテンションなるやろ?
日本大丈夫か?って気になるやろ?
いや、今一番大丈夫かと問われるのはこんなレビューしている俺なんやろーけどな!!!

十数年ぶりに絵を描いてみる [創作コラム]

pixiv3周年とかで、ログインしているけど全然絵なんてあげてないからどうかなとか思いつつ。

なにをトチ狂ったのかpixivたんを描いてみようと企画参加。(オイオイ)

不意にキャラデザと構図が思い浮かんだのでラフってみた。

ただでさえ忙しいのになにをやっているのやら。

あ、もうマジで忙しいので更新率はかなり下がると思います。

それはもうある政党の支持率並みに。

で、現在のがこれだ。
pixivtan.JPG

和服にベレー帽のミスマッチ。
てゆーかこの時代に鉛筆仕上げですか?

や、だって他になんもないんやもん!

なのにペンタブ題材にしている辺り冒険者です、俺。チャレンジャーです。

もっと緻密さとか欲しい。性格的に。

さて完成させることが出来るのでしょうか?

[コラム]今、時代は生徒会長萌えである! [創作コラム]

『天を睨んで星を射る!』 -第2回-


さて諸君。
冷静に考えてみたまえ。

今、時代の最先端萌……すなわち、最萌端とは何かを!

姉か? 妹か? ママか? 幼馴染みか!?それとも同居している女教師2人か?!

ここで私ことyuukiは提示したい!

生徒会長萌えこそが、今現在の、時代の最萌端であると!

生徒会長とは! 学園モノもしくは学園を背景とした作品のガジェットとして欠かせないもの。
そしてやはり今や『生徒会長』は女性、しかもとびっきりの美女、美少女が定石である。
ふと、『生徒会長キャラ』ってどれだけ居るのか? という疑問を抱いたので古今東西の生徒会長をピックアップしてみた。

 

▼1 ミレイ・アッシュフォード
声:大原さやか
アッシュフォード学園生徒会長
会長特性:謀略
登場作品:『コードギアス 反逆のルルーシュ』

▼2 桂ヒナギク
声:伊藤静
白皇学院生徒会長
会長特性:責任
登場作品:『ハヤテのごとく!』

▼3 律子・キューベル・ケッテンクラート
声:千葉紗子
立橋院学園生徒会長
会長特性:強運
登場作品:『げんしけん』『くじびきアンバランス』(※2)

▼4 鮎沢美咲
声:小林沙苗
星華高校生徒会長
会長特性:努力
登場作品:『会長はメイド様』

▼5 小笠原祥子
声:伊藤美紀
私立リリアン女学院ロサ・キネンシス
会長特性:強情
登場作品:『マリア様がみてる』

▼6 西園寺まりい
声:川村万梨阿
春風高校生徒会長
会長特性:強権
登場作品:『究極超人R』

▼7 厳島貴子
声:佐本二厘
聖應女学院生徒会長
会長特性:高貴
登場作品:『処女はお姉さまに恋してる』(キャラメルBOX)

▼8 霧夜エリカ
声:北都南
竜鳴館学園生徒会長
会長特性:奔放
登場作品:『つよきす!』(きゃんでぃそふと)

▼9 星乃京
声:一色ヒカル
生徒会長
会長特性:???
登場作品:『STEP×STEADY』(LOVERSOUL)

▼10 花澤響子
声:北都南
私立遊華総合学園生徒会長
会長特性:高飛車
登場作品:『PEACE@PIECES』(ユニゾンシフト)

▼11 久寿川ささら
声:小野涼子
???生徒会長
会長特性:厳格
登場作品:『ToHeart2 X-RATED』(Leaf)

▼12 藤乃静留
声:進藤尚美
風華学園生徒会長
会長特性:ミステリアス
登場作品:『舞-HiME』

▼13 花園静馬
声:生天目仁美
聖ミアトル女学院エトワール
会長特性:気まぐれ
登場作品:『ストロベリーパニック』

▼14 春日崎雪乃
声:青山ゆかり
私立セント・テレジア学園生徒会長
会長特性:ゴージャス
登場作品:『恋する乙女と守護の楯』(AXL)

▼15 風祭みやび
声:北都南
凰華女学院理事長(※)
会長特性:ワガママ
登場作品:『遙かに仰ぎ、麗しの』(PULLTOP)

▼16 高城麟瞳
声:青山ゆかり
倫応学園理事長兼調停委員長(※)
会長特性:高慢(×2)
登場作品:『委員長は承認せず!』(chien)


※理事長が作品のガジェット的に生徒会長と同じモノとみなして列記した。言い訳じみているが本当はただの好みの問題。
※いずれも複数関連作品がある場合は全て最初のものをオリジナルとして列記。
※ちなみに【会長特性】というのはyuukiが独断と偏見で決めた会長としての特徴を一言で現してみたモノ。なので本人自身の個性とはまた異なる場合もある。


目立つところでこれくらいか……。

なんというか、見事なまでの姉声声優のオンパレード。
てゆーか、北都南さんの生徒会長率高ぇえええっ!!

究極超人Rという、かなり古典からの出典があるのが時代を感じさせる。

という意味では高飛車高慢な女性生徒会長というのは、時代の最先端を行っていたのかもしれない。

ゆうきまさみ……時代が追いつけなかった漫画家……。

かってにそんなモノローグを付けてみたり。

 

うっかり危うく忘れそうだったのが、紅薔薇様ことロサ・キネンシス祥子お姉さま。

考えてみればこの生徒会凄いです。

会長が伊藤美紀さんで、副会長が伊藤静さん、初期が能登麻美子さんと、ああもう誰が会長様でもかまわないから、とにかく私を好きにしてッ!! みたいに豪華で素敵な生徒会陣です。

この翌年を祐巳が会長となるのかと思うといささか心許ないのは気のせいかな?

 

ところで久寿川ささら会長ことToHeart2の学園の名前ってなんでしたっけ?

なぁんか調べても出てこなかったんですけど。

 

ここで姉と生徒会長についての共通点を洗い出してみよう。

1.毅然としており責任感が強い。
2.基本的にどこかワガママである。
3.面倒見がよい。
4.大概のことをそつなくこなす。

その他として「ツンデレである」「味方になってしまえばすごく信頼される」などがあるが、姉萌え全般との共通項としてはないと考え除外した。

まぁ、結論として、姉萌えを語るのであれば生徒会長にも萌えとかなあかんのとちゃうか?!

という強引な理論。


[コラム]天を睨んで星を射る!-その1- [創作コラム]

人は点である。

人と人とは線だ。

そして、面とは世界を現す。

いつも大概電波だが、今日はまたのっけから電波な事を語り出して、一体全体何事かと思うだろうが、まぁ時にはこんな戯言も書いてみたくなることもある。

いつもいつもバカブログを書き綴っていて、本来こういったことはこんなブログで書くべき事ではないし、書く主義でもなかったのだが、それでも書いてみたくなるのが文章屋としての、一表現者としての哀しい性なのかも知れない。

まぁそんな気まぐれで、一応コラムのシリーズとして、物作りに関していろいろな思考を書いてみるのも一興かと思い書いてみることにする。

尚、あくまでも私ことyuukiのあくまでも個人的主観に元ずく偏見に満ちた意見によってこねられた屁理屈なので、「ああ、そんな考え方もあるのね」と軽く読み流していただければ幸いである。

とりあえずしばし付き合いいただけたなら幸いである。

………………

…………

……

さてさてさて。

似非とはいえクリエイターの世界に片足を突っ込んで生きている身として、モノを作っていく上で様々な事に思考を巡らすのが常であり、同時に癖でもあるのだが、その上で不意に世界の在り方とかを感じることがあったりもするし、無かったりもする。

その過程で生まれた思考がさらに世界観の構築などに役立てられるかなぁ、なんて思ったりもすると同時に、そんな理論で片付くようなら、とっくにどっかで誰かが実践しているさ、と諦めの言葉を口ずさみながらも、それでも心のどこかで自分の構築したばかりの生まれたての理論の芽がいつか大樹となり大輪の花を咲かせる日が来るかもしれないと、夢を見ながら書かずには居られないのがクリエイターという哀しい生き物なのである。

さて、その哀しみにまみれたゴミのような生き物の一人が、思考していく中で、不意に理解したのが冒頭の話だ。

物事を構築する上で必要な物として、よくいわれるのが5W1Hであるが、さらに俺はこれを集約して『人・モノ・空間』という三つのカテゴリーで創作を開始する。

 

人。
それはすなわち、作品の登場人物。

モノ。
それはすなわち、ガジェット。作品で使用される様々な小道具。あるいは特殊設定のこと。

空間。
すなわち、それは舞台となる場所のこと。

 

これら三つを最重要ファクターとして思考と想像を繰り返して積み重ねていくのである。

時として『人』から作り出すこともあれば、まず最初に『空間』ありきということもある。

それは様々であり、人によっても癖があることであろう。

無論おもしろそうな設定を思いついてそこから構築していくパターンもある。

さて、そこで冒頭の言葉だ。

人は点。

人と人とは線。

その線から面を作り出す。

点である人を創り出すのは割と簡単だ。

といってもなかなかこれも難しい。
なんといっても人を一人産み出すのだ。
並みの苦労ではない。

もっとも簡単に生み出せる安産の時もあるが、それはそれで後で苦労する羽目になる。

その人物に合わせた世界を構築しなければならない事もあるからだ。

そうして生み出した数々の登場人物たちを結ぶと線が生まれる。

この線により人間関係をしっかり構築していく事が世界の作成に繋がる。

そしていよいよ『面』の作成だ。

点の一つを構成するだけでも大変のなのにこれから面を構成するとなればその苦労は並大抵のモノではない。
これが一番厄介だ。

この線から面を創り出すのが一苦労である。

点と線との結びが間違えばロクな面にならない。ここに来て最初の点を置き換える作業もしばしば良くあることである。

なにしろ一次元存在の点を面にまで引っ張るのだから、そりゃしんどいはずである。特に立体的に物事を考えるならば世界観構成は、創作の作業の中で一番苦しく、同時に楽しいモノであろう。

ならば「面」から先に作ってしまえば、後は点を配置するだけで簡単じゃないのか?

そう思う人も居るだろう。

これがまたなかなかに難しい作業となる。

一つ例を挙げてみよう。

 

コンピューターの基盤を思い浮かべてくれたまえ。

そう、あのプラスチックの板に迷路のように銅箔が貼られているあの基盤だ。

その基盤にどんな機能を持たせるか、どんなスペックにするかを思い描きながら基盤を設定するわけだ。

そこにCPU、電源、様々な要素のパーツをくっつけていくのである。

しかし、一方で常に基盤が最初にあるわけではない。

余っている電源ボックスを使いたい。

手に入れたばかりの新品のCPUで組みたい。

そんな欲求が生まれてくる時、それに合わせた基盤を用意しないといけない。

さて、この作業、どちらが楽であろうか?

 

当然、そんなのはどちらもメリットデメリットがあるし、条件下によっても対応は変わってくるはず。

要は面から作ろうと、点から作ろうと作業的にはそう大差はないのだ。

つまりそう言うモノなのである。

 

………………

…………

……

とまぁ、つらつらと似非クリエイターの戯言を述べてみたが、まぁこんな事を考えながら数々の作品がそこかしこで作られて居るんだなぁ、なんて再認識しながら作品を見ていただけるとまた一興かと思うわけである。


創作コラム ブログトップ
『虜ノ雫~夏の豪華客船で穢される処女たち~』 『想いを捧げる乙女のメロディー』2017年3月24日発売予定 オフィスで誘うエッチな彼女 月明りに悶える孕女放課後に乱れる姉教師と隣の部屋で喘ぐ妹 淫らに喘ぐ七人の夜這いする孕女 真剣で私に恋しなさい!A-5 ダウンロード販売 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったら ダウンロード販売