So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

現代版ルパン『アバンチュリエ』の著者森田崇氏が目指す新たなる可能性。ルパン帝国再誕計画発動! [コミック]

昨日のことである。

森田崇氏のTwitterに現れた言葉。

『ルパン帝国再誕計画』

ああ、なんという甘美な響きだろうか?

彼のモーリス・ルブランが生み出した稀代の冒険家にして盗みの天才、そして百面相の名手であるあの人物!

そう!

アルセーヌ・ルパン!

この名前を知る者ならルパン帝国という言葉に胸を踊らないはずがない!

さて、このルパン帝国再誕計画のあらましをざっと説明するとこうだ。

モーリス・ルブラン原作の怪盗ルパンシリーズを原作に忠実にで在りながらも現代日本人にわかりやすくコミカライズしたシリーズ『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』がこの度、月刊ヒーローズでの掲載がなくなった。

前回の『アバンチュリエ』から二度目の打ち切りである。
(ヒーローズに関しては奇巌城を綺麗に終わらせているので打ち切りと言い切るのは微妙ではあるが)

しかしルブランの描いたルパンシリーズに魅力的な話はまだまだある。

前回はTwitterで掲載誌を応募された森田氏は今度はWEBを媒体に様々な『ルパン&ルブラン』に関して活動を広く行っていこうというのである。

※詳細はこちら




正直、コミックの続編描く為に、思い切った展開をと思わなくもないが、このルパンシリーズをライフワークにして行こうと行動を起こした森田氏には敬服の意を表したい。

その最たる活動といえばまずは既刊のkindle版での販売である。

kindle版販売のPVがこちら。


『著者再編集版』と銘打たれているのだが、どこまで手が入れられているのかがわからないので、全巻揃えている身としては、助力はしたくともなかなか手が出しにくい。


ともあれまずはこの『アバンチュリエ』について語っておこう。

『アバンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン』は当初イブニングに掲載されたが2年の連載を経て事実上の打ち切りとなり、以後月刊ヒーローズに移籍して続編『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』として4年に渡って連載し、ルパンの代表作とされる長編『奇巌城』を描ききった。

以後、連載再開が待望のうち、2018年2月11日著者森田崇氏のツィートにて終了が告知された。

と同時に『ルパン帝国再誕計画』の名目で大手企業誌での連載活動とは別枠の活動が発表されたのである。


月刊ヒーローズ、今年は様々な作品でルパン関連が出ている中での終了というのは早計な気がしてならない。

せめてもう一年はやってくれるものと信じていたのに、正直裏切られた気分ではある。

とは言え商業誌とはいえヒーローズもコミック誌の中ではまだまだ新参だし、大河連載を支えるには地力が足りないといわれてしまえば返す言葉もないのだけれど。



とまぁ今回はマンガ評をしたくてこの記事を書いているワケではない。

ルパン帝国再誕計画を応援していこう!という意思表示と、ほんの少しでもここから『アバンチュリエ』やアルセーヌ・ルパンに興味を持ってもらえたらなという単純布教。

そして「どうしてアルセーヌ・ルパンは受け入れられていないのか?」を考察したいと思ったからである。

世界的に見ても名探偵シャーロック・ホームズと対を成して著名な怪盗アルセーヌ・ルパン。

日本では特にアニメ『ルパン三世』の祖父に当たる人物として知らぬ者は居ないであろう。

にも関わらずアルセーヌ・ルパン自身とその作品群はあまり多く知れ渡っていない。

実際、恥ずかしながらyuuki自身も読んだのは岩波少年文庫版の『ルパン対ホームズ』と『奇巌城』くらいである。

当時アニメ『名探偵ホームズ』が放映されており、シャーロック・ホームズの認知度は、プリンセスプリンプリンの名探偵マイホーム以来に周囲でのホームズ熱は高まっていた。(ような気がする)

当時からひねくれ者だった俺としては「名探偵ホームズ何する者ぞ! ホームズのアニメがあって小説を読むのはなんだか負けた気がする! ならばルパンだ!」とルパン対ホームズを手に取った若き日のyuuki少年。

ふ……若かったな、俺も(遠い目)

だけど、そんなyuuki少年のルブランを求める日々は短く終わった。

なぜなら本屋に無いのだ。ルパンの本が!ルブランの作品が!

なぜだ? こんなに面白いのに!

当時の俺は憤慨した。

挙げ句の果てワニブックス刊行のワニの豆本で「ルパンの挑戦状」みたいなのまで読んだけど、あれ原作のルパンまったく関係無いやン!

今にして思えば、日本って「ピカレスクロマン」文学に対する土壌が出来てなかったと思うんですよ。

しかも少年の読む本に『怪盗』とか昭和の世代からすればあまり好ましく無かったんじゃないかな?

その怪盗の代名詞であるルパンの作品はあまり前面に押し出されなかった。

いや、もっと探せばよかったんだろうけど、所詮小学生の浅知恵では図書館や本屋の棚を見ているだけですから。

当時にインターネットも無いですしね。(言い訳)

そんな時代背景が影響していたのではないかと、考えてみたりする。

次第に俺もミステリーより歴史異聞やファンタジー小説に傾倒していき、ルブランはまたいずれ読もう……などと思いつつ放ったらかしにされていたワケなんですわ。

そして『アバンチュリエ』第1話が掲載された『イブニング』との出会い。

俺は本当に総毛立ったのだ。

「これで、幼い頃に読みたかったルパンの話が読める!」

そうして追い続けてきたのですが、また中途半端になってしまって本当に本当に残念です。

とまぁそうした時を経て出逢った作品ですので、アバンチュリエに対する思いは私としても並々ならぬものがあるのですよ。

無論、熱狂的なルブランファンには足下にも及びませんがね。

でまぁ、小説の方は今となっていろんな所から刊行されているのでネットで探せばだいたいのシリーズが手にはいるというありがたーい世の中になったわけなのですが。

さてここで更なる問題提起を。

『アバンチュリエ』は商業的にダメなのか?

である。

正直、森田氏も言及されている通り、ルパン、ルブランの持つブランドのポテンシャルを考えれば、大河連載など大手出版系ならぽんっと太鼓判を押す物と考えていたのだが、実はそうではないらしい。

素人考えだけれど『コミック』という【サブカル】にルブランという看板は重すぎて、ルパンという【文学】が合わなかったのではないだろうか?

そういう意味で考えてみれば森田氏のWEBでその顧客を獲得していこうという考えはあながち間違えていないのではいないのではないだろうか?

そう、あまりに有名すぎるアルセーヌ・ルパンはもはやサブカルという文化の枠には収まらない文学だったのだ。

古参のルブランファンが称賛する原作に忠実なコミカライズ。

そこに踏み込むのは生半可な勇気では足りない。

今からキングダムの1巻を読む為に予備知識として秦の始皇帝を学ぼうと項羽と劉邦を読み始めるってくらいの気合が必要なのではないだろうか?

無論『アバンチュリエ』はそうじゃない! 素人にもわかりやすく歴史ファンにもミステリファンにも充分読み応えのある物だ!

と仰るファンの言は私も重々承知しているつもりだし、自身そう言いたい気持ちでいっぱいである。

スマホの登場により従来より声高に叫ばれていた活字離れがさらに加速度的に危険さを増している中、ちょいと小難しいマンガにすら手を出さなくなってしまっているのではないか?

と私は危惧しているのである。

日本で一番売れているコミックスはアレはなにが売れているか?

それは「バカにもわかるバカなマンガ」だからである。

それはともかく。

文字媒体紙媒体での展開が希望薄い昨今でのこの森田氏の行動が、今後も続きますように。

そしてきちんと先生のライフワークとしてルパンの今後の活躍が描かれますように。

私、yuukiはそれを心から願うのだ。



《関連リンク》
・『ルパン帝国再誕計画』
上記Twitter

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

新年あけましておメンでとうございます! [人類は麺類]

あけましておめでとうございます!

ふと気が付けば今年も瞬く間に1週間が過ぎ去ってしまい「あわわわ」と慌てているyuukiでございます。

てか去年は11月以後更新止まってしまっていたんですけどね!

まぁ気を取り直して、2018年1発目のネタはこれです!

体は麺で出来ている

血潮はダシで心は器
幾たびの麺屋を越えて腹一杯

ただの一度も残すことなく
ただの一度も理解されない

彼の者は常に独り麺の丘で美味に酔う

故に、その生涯に意味はなく
その体は、きっと麺で出来ていた



ばばん!

2017年ラーメン総決算!

いや、まぁそんなたいしたネタでももったいぶるわけでもないんやけどな。

さて、2017年、yuukiが食したラーメンの数は69食!
MENofDESTINY2017b.jpg
小泉さんには負けるけど、おそらく自己最高でしょう!
去年以上に喰った覚えがあまりありません。

てか一番喰ってた時はスマホもケータイもなかったからデータとして残すこともしませんでしたし……ブツブツ……。

内訳としては
ラーメン 42食
冷麺・冷やし中華 20食
まぜそば 4食
つけ麺 3食

あれ?いやいやおかしいおかしい。

夏に喰った冷麺が確か24食あったはず……
reimen2017mini.jpg

しまったぁあああああっ! 画像取りこぼしてるやん!

………………。

…………。

……。

てことは?

俺は73食喰っていたってことか?

………………。

…………。



……なにはともあれ!(スルーした!)

いろんな麺がありました!

今年も頑張って喰っていこうかなって、体調が許す限り!

まぁ、なんかグダグダですが……まあ……そんな感じです!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旅立たれた鶴ひろみさんへ。どうか安らかに……。 [声優]

ここ数年、若い声優さんの逝去には胸を痛めていましたが、この方の訃報は本当に目の前が真っ暗になりました。

鶴ひろみさん。

僕を含む、多くの男性の、理想の女の子の声はきっとアナタの声なのではないでしょうか?

ツンデレも萌えも、そんな言葉が生まれるずっと前から、既にアナタは全て演じてられたことでしょう。

それほどまでに長く、多くのヒロインを演じて旅立たれた鶴さん。

未だ衝撃の中に居ますが、車のハザードを点けて停めた所で意識を失ったと聞いて、きっとまだまだ走るつもりだったのだと思います。

今はただ御冥福をお祈りするばかりです。本当にありがとうございました。


どのキャラが好きだったとか、挙げるとキリがありません。

だから言いません。

だけど僕たちは、あの当時、間違いなくアナタの声に恋していました。

そんなステキな声が、演技が、この先聴けなくなること、今はそれがただ悲しいだけです。


今までたくさんの思い出を、本当に、本当にありがとうございました。


どうか安らかにお眠りください。


鶴ひろみさんへ。

きっと、どこにでもいるアニメファンの一人より。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

マックスファクトリー To LOVEる-とらぶる- ダークネス 結城美柑 1/6スケール [フィギュア]

マックスファクトリーから発売されたTo LOVEる-とらぶる- ダークネス 結城美柑 1/6スケールが届きましたので撮影会です。

mikan_lingerie030.jpg

数ある美柑のフィギュアの中でもトップクラスの出来じゃないでしょうか?

基本的にコミックス&アニメの美柑を踏襲しつつ、ほんの少し角度を変えるだけで表情がころころと変わるところなんか、まさに小悪魔JS美柑であると思えました。

おかげで写真撮りまくってデジカメ買って初めてバッテリーなくなるまで撮り続けましたよ。

コケティッシュな魅力溢れる美柑のランジェリー姿という、これまたGJなチョイスに、カメラを向けながらムラムラせずにはいられません!

とにかくそんな美柑の魅力の詰まったグッスマ版美柑、ご堪能いただければと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

2017SUMMER!冷麺総決算! [人類は麺類]

さて今年は今世紀最大の猛暑になるという前情報により、ならば冷麺もガッツリ食えるな!
残暑が厳しいともなれば9月一杯まで冷麺が楽しめるというわけだ!
くっくっく……よろしい!その酷暑!来るなら来い!受けて立とう!

ここ数年猛暑により熱中症の危機に晒されること数回という、暑さに弱い体質にも関わらず、そんな不埒なことを考えていた私ではあったのですが、フタを開けてみれば、そこまで言うほど暑くなかった気がする夏でした。

私、バイク通勤ですので、本当に暑いとタンクトップ1枚でも暑いんですよ。

だけど今年はタンクトップ1枚で走るのが躊躇われるほどに、暑くなかった。

バイクグローブの跡が残るのイヤでアームガードまで買ったって言うのに、あんまり晴れの日が少なくてちゃんと使ったの2回だけでした。

まったくどうなっているのでしょうね、この気象は……。

とまあ天気の話はまぁいいとして冷麺ですよ!冷麺!

reimen2017mini.jpg

とこんな感じで色とりどりの冷麺を食した訳ですが、結局通算24食になりました。

残念ながら今年も30食達成ならず!

残暑が厳しければもうちょっと冷麺をやってるお店があったかもですが。

てかね。

自分の行動範囲内で30食喰おうって、結構大変であるってことに気が付きました。

なんでってね、20食を越えると、そろそろ新たに食べるところがなくなってくるんですよ。

考えてもみてください。

まずご近所に20軒ラーメン屋さんを思い浮かべてください。

まずよほどのラーメン好きでない限り、日々の範囲で20軒は厳しいと思いませんか?

思わない人はちょっと麺好きには恵まれすぎている環境にお住まいです。いやマジでマジで。

で、そのラーメン屋の中で、冷麺をするところ……これがまず1割から2割減ります。

すると最小16軒しか冷麺を食べられないという計算になりますね。

ではほぼ倍近い件数のラーメン屋を自分の普段の行動範囲外に探し求めないといけなくなります。

しかも6月~8月という期間限定で。

なかなか厳しい条件です。

1夏で30食……誰だよ、そんなこと言いだしたの……。

まぁ、俺なんですけどね!

とまぁ今年は残念な結果ではありましたが、それでもたくさんの冷麺に出会えました。

毎年、趣向を変えて楽しませてくれるお店もあれば、毎年変わらず味を守り続けているお店もあり、また来年はどうなるのかすっごく楽しみです。

そのどちらもすごい努力だと思います。

そんなラーメン屋さんに感謝の気持ちを。
そしてまた来年への期待を込めて。

ごちそうさま!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -